危険信号!食べ過ぎると美容に良くない3つの食べ物

白い炭水化物には注意を!

毎日のエネルギーの源として毎日の食事には必要となる白米やうどんやそうめんですが、食べ過ぎると健康にも美容にも良くないのですよ。白い炭水化物を食べ過ぎる事によって、体内では糖化がおこります。糖化は、老化やお肌にとっては大敵となり、出来れば避けて通りたいですよね。さらに白い炭水化物は、作られるまでに食物繊維やミネラルの栄養素が失われてしまいます。そのため作られる前に雑穀米や玄米や胚芽米などの黒い状態で食べる方が健康や美容にとっては良いのです。

白砂糖を使用しているお菓子には注意を!

誰もが大好きな白砂糖は、甘くておいしいので食べだすとやめられません。しかし食べ過ぎてしまう事によって腸内では悪玉菌が活発になり、新陳代謝が悪くなってしまうのです。そのため身体の中に老廃物が溜まりやすくなり、肌が再生する力が低下してしまうのです。どうしても甘い物を食べたくなった時には、はちみつやてんさい糖やメープルシロップや黒砂糖などを食べるようにするのが良いですよ。料理では砂糖を使用するよりも、みりんを使用するなどをして工夫をしましょう。

マーガリンにも要注意!

マーガリンに含まれているトランス脂肪酸は、アレルギーが悪化したり心臓病になったりと健康に悪く影響してくるのですよ。特にファットブレッドや加工油や加工油脂や食用精製加工油脂といった表示がされている商品は、食べ過ぎないように心掛ける必要があります。市販されているパンやお菓子などにも含まれている事もありますので、食べる際には必ず確認するようにしましょう。実際に健康面に被害を与える事から、欧米諸国などで使用が禁止されている所もありますので、それぐらい体には良くない事を頭い入れておく事が大切です。

品川美容外科の提訴について調べる

Back To Top